カテゴリー別アーカイブ: 選手の紹介

わけがない

みなさまこんにちは、豊橋競輪場マスコットのまくるです

お待たせしました!泉谷元樹選手インタビュー後編スタート!(前編はコチラ

わたくし(以下「ま」):「あいつは、まだ強くなっていく事は間違いないよ。強くならない―わけがない」

泉谷選手(以下「泉」):え…?

 P1070405

ま:事前にですね、ちょっと泉谷選手ってどんな人?っていうのを聞いてみまして

泉:えっ

ま:山田二三補選手に聞いてみましたら、先程のような言葉とかですね、あとはこんな感じの、はい

~以下回想でございます~

P1070461

ま:わけがない、ですか

山:そりゃそうだ、勝てないわけがないって言えないのが競輪の難しいとこだけど、強くならないわけがない、ってのは言い切れるね

ま:ほうほう

山:あいつの練習量は異常だよ、おかしい

ま:外から見てても、ちょっと…はい、そうですね。ずっと練習してるよね?とは

山:あの練習量で壊れない身体ってのも、才能だよ。あそこまで自分を追い込めるっていうのも才能だね。勝つ事にあんなに貪欲なのも、そういないよ

ま:ほう

山:あとね、あいつの凄いとこはかっこ悪いとこだね

ま:かっこ悪い?

P1070463

山:人の目を気にしないで努力できるんだな、あいつは。誰が見ていようと倒れるまで、吐くまで、動けなくなるまで、誰の目の前でも努力ができる。無様でかっこ悪いへばり方をするまで、恥ずかしがらずに堂々と努力できるんだ

ま:ただ勝つ為に、ただ努力に集中できる、と

山:そうね、だからあいつが強くならないわけがない。ちょっと前にさ、泉谷の同期と話したんだけど、まあナメてたね泉谷の事を。「あいつが努力してるんですか(笑)」みたいな

ま:ほう

山:笑って黙って聞いてたけどね、俺が言う事じゃないし。心の中でだけ(俺は、あいつがどれだけ練習してるか知っているぞ)って

ま:いつか見とけよ!と

山:まあ、そう遠くないんじゃない?そのいつかは

ま:じゃあこれからの彼は

P1070462

山:楽しみだね

~以上回想でございました~

P1070416

ま:との事です

泉:おぉ…えっと、その…

ま:この方にも聞いてみまして

泉:えっ

~以下回想でございます~

P1070289

小林信晴選手(以下「小林」):泉谷ですか?

ま:はい

小林:ストイックで、貪欲で、不器用で、かな

ま:ほう

小林:やれって言われた事、やってみたらって言われた事、全部やるんですよ

ま:全部ですか

小林:そう、勝ちたいからって繰り返してね。強くなる事に貪欲、凄い貪欲で

ま:それがあの凄まじい練習量に

P1070295

小林:かな、と思いますね。あんなの僕は真似できませんよ

ま:ほほう

小林:真似できる人なんかそうそういないかなと。あいつと同じ練習したら、ほとんどの選手は壊れちゃうと思いますよ。あそこまで自分を追い込む事も、それに耐える体力も…両方とも普通ではないと思います

ま:じゃあ彼のこれからは

P1070293

小林:器用な奴じゃないですからね、まだ色々と模索しているようですし。ただその不器用なあいつが、時間がかかったとしても、どこかで、うん、どこかでね

ま:はい

小林:どこかでしっかり自分が定まったら…どうなるかってのは怖いですよ。楽しみで、怖い。勝てるかどうかはまた別の話になっちゃうけれど、彼は強くなるでしょ。うん、強くならない―わけがない

~以上回想でございました~

ま:との事でした

P1070410

泉:…これは、ちょっと…えぇー…

ま:んで、最後はこの方にも

~以下、回想でございます~

P1070388

金子貴志選手(以下「金子」):泉谷君ですか?

ま:はい

P1070379

金子:いま、豊橋で1番練習をしているのは彼でしょうね

ま:金子選手よりも?

金子:桁が違いますね。あれだけの練習をして身体が壊れないっていうのは、無茶苦茶ですよ。怖い、普通じゃないです

ま:そんなにですか…

P1070381

金子:自転車経験もなくて、競輪学校では在校最下位、そこから腐らずに努力するというのは並大抵の事ではないと思うんです

ま:はい

金子:でも彼はね、凄く真面目で、自分のそういう経緯をしっかりと理解して、だから自分は人よりも多く自転車に乗らないと、と頑張れるんですね

ま:凄いですよね

P1070380

金子:弟子だからというひいき目かもしれませんが、彼の潜在能力は恐ろしいと思っています。もしも爆発したら…って考えると、本当にゾッとしますね。恐ろしい物を秘めていると。あの深谷君が、楽しみにしているくらいですからね

ま:なるほど、泉谷選手のこれからが

金子:凄く楽しみです

ま:では、泉谷選手にひとこと!

金子:えっ…ひとこと、ですか?

ま:はい!どうぞ!

金子:…ん、恥ずかしいですけど…ええと

P1070386

金子:僕は、今のキミの努力は間違いないと思う。今やっている事を、今の自分を信じてこのまま頑張ってほしい。いつまで頑張ればいいのかと不安になっても、今のまま頑張り続けて欲しい、キミならそれができると思う。やってくるチャンスの数が増えるように、それをしっかりとつかめるように、頑張ろう。練習は嘘をつかない、焦らす事はあるかもしれないけれど、嘘はつかないと僕は思っている。チャンスはくる、キミにチャンスがこない―わけがない。頑張ろう

~以上、回想でございました~

P1070414

泉:…

ま:との事でした

泉:…やばいです泣きそうです

ま:あまりこういうお話は普段されない?

泉:いやあ、しないですやばいです泣きそうです

ま:頂いた言葉に返事するとしたら

P1070426

泉:頑張ります、勝ちます

ま:頑張って!

泉:頑張ります!頑張ります!!

ま:身体で表現して!

P1070440

泉:頑張ります!

ま:寒くないんですか?

P1070441

泉:なんだか今は平気です!

ま:なるほど!しかし風邪ひかせたらわたくしぶっ飛ばされるので服着ましょう!

P1070446

泉:Tシャツだけで平気です!

ま:なんという季節感のない子でしょうか、さあではそろそろ〆ましょう。早く練習したくてしょうがないという空気が超伝わってまいりますので

泉:はい!

ま:ではファンの皆様にひとこと、どうぞ!

P1070448

泉:泉谷です!えっと、まだ自分のファンになってくださっている方なんていないと思います!でも、走りで、強さで、どこの競輪場でもご声援を頂けるような選手に頑張ってなってみせます!頑張りますので、よかったら応援してください!ありがとうございました!

ま:泉谷選手ありがとうございました!

泉:ありがとうございました!

そんなわけで泉谷元樹選手でした!インタビューからもおわかり頂けると思いますが、要チェックでございますよー、どこで化けるか!どっかで化けてね!

皆様、是非これからの泉谷選手にご注目ください!

 

~おまけ~

ま:あ、〆たところ申し訳ないんですが泉谷選手

泉:え、えっ!?

ま:正月のイベントで場内に、選手の皆様に今年の抱負を書いて頂いた物を展示していまして

泉:あ、はい、書きました。あれプレゼントしたんですよね

ま:はい、それでですね、泉谷選手の色紙が当たったファンの方が、こちらのブログと豊橋競輪場のフェイスブック、よく見てくださっているとの事でして、何かのご縁ですのでその方に向けて一言どうぞ!はいっ!

P1070449

泉:泉谷です!自分なんかの色紙でごめんなさい!どれくらいかかるかわかんないですけど、当たって良かったって思ってもらえるように頑張ります!僕のファンになってくれるように、熱い走りを見せられるように頑張ります!よろしければ応援してください!

ま:応援して下さい!の気持ちを身体で表現すると!?

P1070442

泉:応援よろしくお願いします!

ま:はい服きてくださーい

泉:(  Д ) ゚ ゚

ま:(  Д ) ゚ ゚

このページの先頭へ

鋼の肉体:泉谷元樹!

みなさまこんにちは、豊橋競輪場マスコットのまくるです

かねてよりご案内しておりました、豊橋競輪場が誇る「これからの選手」をより広く、より深く知って頂こうという新機軸、いよいよ始めます!

まずは第1弾!コチラでも予告いたしましたこの方!

わたくし(以下「ま」):こんにちは泉谷選手!

P1070433

泉谷選手(以下「泉」):こんにちは!元気いっぱい泉谷元樹です!顔写ってません!

ま:失敬

P1070434

泉:こんにちは!元気いっぱい泉谷元樹です!

ま:この寒いさなか、いきなり半裸で登場と

泉:いや、脱げって…まくるくんが…

ま:いーい筋肉ーっ!はいポーズ!キレてるーっ筋肉キレてるーっ

P1070435

泉:こうですか!

ま:寒くないんですか?

泉:寒いです!

ま:なんで脱いだんですか?

泉:脱げって言ったじゃないですか!

ま:失敬、そうでした

P1070399

ま:さあ、改めましててこんにちは泉谷選手!

泉:こ、こんにちは

ま:服を着て魅力が9割減したところでインタビューを始めようかと思いますが

泉:筋肉が9割なんですか?

ま:妥当かな、と

泉:…

P1070400

ま:デビューが2012年7月ですので、今だいたい1年半くらいですかね、選手生活は

泉:そうですね

ま:どうでした?まだ振り返るほどではないかもしれませんが、1年半を振り返ると

泉:うーん…色々あったなと思いますが…そうですね、順調にきているかなと

ま:ほう、順調と

泉:はい、まだまだ途上ですが結果も少しついてくるようになったし、競輪学校卒業時の自分から思えば、はい、順調に成長はできてきているかなと

ま:なるほど、聞いたところ、競輪学校時代の成績は

P1070401

泉:はい、もう散々で。卒業時の評価も酷いもんでしたね

ま:やはり自転車経験がそれまでなかった、というのが大きいかなと?

泉:確かに、はい…乗ってきた時間が圧倒的に違うっていうのはあると思います。けれど、勝ち負けっていうのはそういう事関係ないですからね。その時弱かったから負けて、その時強くなかったから勝てなかった、っていうだけだなと

ま:シビアですね

泉:うーん、なんでしょうかね…ちょっと自分ではよくわかんないですけど

ま:デビューしてからもしばらくは結果の出ない日々が続きましたが

P1070402

泉:容赦ないっすね

ま:ズバッと、はい

泉:確かに…学校でも勝てなかったし、デビューしてしばらく勝てなかったですね

ま:その時に「あーもう駄目だ、もういやだー!」とは

泉:ならなかった、ですね。そのうちなんとかなるかな、って

ま:ほほう

泉:7月にデビューして、10月くらいからですかね、色々と変わったのは

ま:それは何かきっかけが?

P1070404

泉:当時の自分としては練習しているつもりだったんですよね、結構

ま:はい

泉:こんなに練習してるから、まあそのうちどうにかなるだろうと

ま:ほう、それが10月で変わった?

泉:金子さんに、アドバイス頂いたんです。こういう練習してみたら?って

ま:詳しいメニューは置いておきますが、ちょっと聞いた瞬間鳥肌が立つ内容で

泉:そっからですね、その練習をして、更に練習して、もっと練習してってなって

P1070408

ま:豊橋競輪場では周知の事実ですが

泉:はい?

ま:ずーーーーーーっと練習してますよね

泉:えー、そうですか?

ま:そうですよ。朝から晩まで、ほぼ毎日

泉:ですかねえ…

ま:ええ、異常な練習量かと。それって金子選手のアドバイスで?

泉:いえ、それはきっかけにさせて頂いたというだけで…あとは自主的ですよね。凄く練習しているつもりだったんですけど、なんのことはない、ぜんぜん練習してなかったんだなあの頃の僕って、って

ま:今は明らかに凄まじい練習量ですが

泉:普通ですよ

ま:普通ではないですな

P1070407

泉:普通ではないですかね…

ま:まあちょっとあのー、普通じゃないと思います

泉:でしょうか…

ま:しかしメリハリはちゃんとつけてる、とも伺っておりますが

泉:はい、オフはオフでしっかりと区別して

ま:なるほど、そこでしっかりリフレッシュしてまた練習頑張ろう!と

泉:そうですね

ま:オフのリフレッシュはどんな事されるんです?

泉:ん?

ま:ん?

P1070411

泉:オフに…どんな事する…?

ま:わたくしそんな難しい事聞きましたかしら…

泉:オフはオフですよね

ま:オフはオフですね

泉:オフですよね?

ま:お、オフですよ。なんでしょうこの会話

泉:身体を休めるから…オフですよね

ま:そう…ですね、わたくし嫌な予感が止まりませんが。泉谷選手のオフはー

泉:寝てますね

ま:寝てますか!

泉:そりゃもう!オフですから!

P1070409

ま:よーし、オフだ!買い物いくぜー!

泉:いや、疲れとらないと

ま:よーし、オフだ!飲みにいくぜー!

泉:いえ、身体休めないと

ま:よーし、オフだ!遊びにいくぜー!

泉:いや、だから筋肉を休めないと

ま:最後にカラオケボックス行ったのいーつだっ!?

泉:………ちょっと思い出せませんね

ま:オフだもん!コンパだー!

泉:いえ、身体を休めないなら練習を

ま:あなたの趣味は?

P1070413

泉:趣味は練習ですね

ま:怖いなキミ!

泉:(((((((( ;゚Д゚))))))))

ま:驚いてるのこっちですけど

泉:(((((((( ;゚Д゚))))))))

ま:じゃ、じゃあオフは本当に寝ている…だけ?

泉:そうですね、家でぼーっと寝て…あ、でも考え事はよくしますよ

P1070416

ま:そう、そういうの!そういう事!どんな事考えます!?

泉:こういう練習してみたらどうなるかな…良さそうだな、とか

ま:なんだキミは!

泉:(  Д ) ゚ ゚

ま:(  Д ) ゚ ゚

泉:(  Д )⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒…。….。

ま:寝ても覚めても競輪、練習…と

P1070431

泉:そうですね

ま:なぜそこまで

泉:勝ちたいですもん

ま:…

泉:初めて1着になった時に、やっとだ…こっからだ…って。それで練習して練習して練習して練習して、勝てるようになって、もっと勝ちたくて、練習量というより質をしっかり意識するようにってアドバイスをもらって、また質のある練習を量こなしたら勝てるかなって

ま:…

泉:あれをやったら勝てるかも、これをやったらもっと勝てるかも

ま:…

P1070426

泉:勝ちたいんです

ま:お見事

泉:金子さんの受け売りですけど、練習は裏切らないです。やれば結果が出るとか簡単な事じゃないですけど、少なくとも僕は練習していなければチャンスすらやってこない人間だと思ってますから

ま:なるほど

泉:チャンスが来るように、それを逃がさないように

ま:それは全て

泉:勝ちたいからです

ま:この1月からA級2班に昇格、と

泉:そうですね、まずはこのクラスでしっかりと勝てるように

ま:そして?

泉:S級にいけるように練習を頑張ります

ま:そして?

P1070418

泉:2015年の豊橋記念では出走したいです!

ま:そこで?

泉:師匠の金子さんを引っ張るような凄い走りがしたいです

ま:さらに?

泉:勝ちたいです!

ま:その為にはーっ!

P1070436

泉:練習あるのみです!寒いです!

ま:ナイス筋肉ーっ!

P1070416

ま:はい、ありがとうございました

泉:寒かったです…

ま:さあ、そんなわけで色々聞かせて頂きましたが

泉:はい、最後にファンに一言ですね!

ま:いえ、聞かせて頂きましたので、今度は聞いて頂こうと

P1070407

泉:え…?

ま:まずはこちら――「あいつは、まだ強くなっていく事は間違いないよ。強くならない―わけがない」

泉:え…?

後半へつづきます!明日、後半おとどけですがんばります!

このページの先頭へ

ありがたい

みなさまこんにちは、豊橋競輪場マスコットのまくるです

いやー、ね、ほんとに、ね、はい

間が空いてごめんなさい(´・ω・`)

↓ここから言い訳(読まなくて支障ありません)↓

年始めというか月始めといいますか、これがまた「えっなにこれ!な、なんなのこれ!」みたいな、はい、「や、やだっ!忙しくて目がローリング!」みたいな感じで、うん、なんかそしてあのー、そのー、ちょっとまとめるのに時間かかったりしてはい、そのー、あのー、えーとうーんと、「ローリングからの前回り受身!やだっ、背中痛っ!」みたいな、はい。遅くなりまして間が空きまして誠に申し訳ありませんでした(´・ω・`)

↑ここまで言い訳(読まなくて支障ありません)↑

さーみそぎ終了!まいりましょう!

KEIRINグランプリ2013王者、金子貴志選手インタビュー、お届けです!

わたくし(以下「ま」):こんにちは金子選手!

P1070388

金子貴志選手(以下「金子」):はい、こんにちは

ま:もう言われ飽きたかと思いますが、まずはおめでとうございます!

金子:いえいえ、幾らでも、言ってもらえるのは本当にありがたい事ですから。ありがとうございます

ま:GPをとられて2週間たちましたが(インタビュー時)、今のお気持ちは

P1070375

金子:2週間…そうですね、「えっまだそんだけ!?」って感じですかね。なんだか凄く昔の事のように感じます

ま:なるほど、もう気持ちは切り替わっていると

金子:どうですかね…そうあるように、と心がけていますが

ま:気持ちを切り替えているところ、引き戻してしまうようで申し訳ありませんが…どうでした?実際に走られたグランプリは

金子:いやぁ…本当に凄い空気でしたね。雰囲気が違うというか

ま:ほほう、やはり凄いプレッシャーが?

P1070377

金子:プレッシャー…そうですね、緊張したわけではなく、気負いにもなっていなかったですけれど、うん、張り詰めた空気だな、これはなかなか味わえないな、と

ま:冷静ですね…

金子:もっと、ね、ガチガチになるのかなって不安だったんですけど、いざ発走という瞬間まで、その普段とは違う空気を楽しめましたね。わくわくしていた、というのが正しいかな

ま:凄いですな…そして、レースについてはわたくしあんまり知識もないのであーだこーだと聞く事もできないんですが。かなり早い段階で深谷さんがドーンと

金子:はい

ま:金子さんもそれに遅れず、まさに事前のインタビュー通り離れずきっちりついていかれたわけですが、あの時ってどんな事を思っていたんです?

P1070378

金子:…これちょっと、恥ずかしいんですけどね、言うの

ま:はい

金子:…うん、あの…ああやっぱり恥ずかしいな

ま:どうぞ!

P1070379

金子:…深谷君にね、見とれてました。ああ…こいつはなんて凄いんだ、って

ま:…ほおお

金子:あの空気でね、普段通りのレース…あの凄いメンバーの中で勝つ為のレースを普段通りにできるっていう事は…本当に凄いなって

ま:なるほど

金子:どうしたって、勝ちを意識すればするほど考えちゃって、考えちゃうと鈍っちゃう。結局いつも通り勝つ為の動きをすれば良かったんだな…って後で思うだけなのに、その場では色々と考えて、迷って、動けずに終わってしまう。本当にそれはよくある事なんです

ま:はい

金子:にも関わらず、彼は動いた。動いて主導権を握って…ですね

ま:はい

P1070380

金子:必死で食らいつきながら、その背中に見とれていました。凄いな、凄いなこの子はって

 ま:凄かったですもんね…そしてラスト直線、迫る強豪をしのぎ見事1着でゴール、と

金子:1着だ、と思ったんですけど…なんかみんなの反応が薄くて「あれ?俺ほんとに勝った?」ってちょっと不安になりましたね

ま:でも、勝ってました!どのようなお気持ちでした?

金子:うん…あの、ほんとに全てを絞り出したっていう感じの深谷君を見て…それで勝ちの確定を聞いて…なんでしょうね、ちょっと申し訳ないんですけど

ま:はい

P1070381

金子:言葉にならない、っていうのはこういう事だな…って

ま:もう言い表す事ができない、という言葉でしか言い表せないと

金子:そうですね…上手に言えなくて申し訳ないんですけど、もうほんとに、言葉にならないとしか…

ま:レースが終わって、競輪場を出て、そこでようやく携帯電話等の連絡手段に電源入れたと思うんですが…いかがでした?

P1070382

金子:メールが100件以上きてまして、驚きました

ま:100件以上!もちろん全て目を

金子:当然です、1つ1つ読んで、あれはじわじわきましたね…えっこの人こんな風に思ってくれていたんだ、っていうのとかもあったりして

ま:なるほど

金子:それに、競輪場を出る時に泣きそうになったのが、門のところに凄くたくさんのファンの方がいらしたんですが

ま:はい

金子:「豊橋から来たよ!」って言ってくださった方が本当にたくさんいて、お世話になった高校の先生や後輩も夜行バスで来たよ、って…ありがたいな、本当にありがたいなあって

ま:ファンに感謝、ですね

P1070383

金子:そうですね、それはもちろんとして、環境に感謝、ですね

ま:環境?

金子:今の自分を取り巻く全て、という感じで

ま:それが環境、と

金子:はい、今の僕を形作ってくれた、くれている全てに感謝です

ま:なるほど

P1070385

金子:何度も言った事がありますが、僕はずっと調子良くきたわけではなく、もうどん底というほど結果の出ない時期もあったりで

ま:そうですね、そう伺っております

金子:何度も諦めたくなったんですが、そこで諦めていたら僕は終わっていたんですね。そこで諦めず、努力を続ける事ができたのは

ま:環境のおかげ

P1070386

金子:そうです。練習優先という生活を、家族は何も言わず受け入れて支えてくれました。調子が悪くても声援をくれるファンの方がいて、結果を出していない僕を支援してくれる企業がいて、そして努力を続ける理由を僕に与えてくれた深谷君が、仲間がいました

ま:なるほど…全てを指して環境、と

金子:そうですね。ファンあっての競輪っていうのは痛感しています、そしてその為に色々な形で頑張ってくれる全ての関係者に感謝ですね。ファンの皆様がいなかったら、誰も見てくれていなかったら、練習と同じですから

ま:はい

金子:見ていてくれる人がいる、声援をかけてくれる人がいる。それで声援をもらえると、やっぱり選手はもらえない時よりいい走りができるんですね。それでまた喜んで貰える

ま:良い連鎖が

金子:はい、良いレースだったよと言って貰えると本当に嬉しい。そしてちゃんとお礼が言いたいですね。そのレースはお客様と、ファンの皆さんと一緒に作り上げたものです、ありがとうございます、と。ファンの皆様の前で走れるという事は、こんなにも幸せなんだなと、最近は本当に思う機会が多くて

P1070379

ま:人格者ですなあ…

金子:それに、仲間にも感謝です。たとえばGPの日、豊橋競輪場ではイベントやってくれてましたよね

P1060517

ま:はい、選手会の皆様で暖かいスープのふるまい等が

金子:そうやって、走る以外の事でファンの皆様を喜ばせる事…それも本当に大事な事だと思っています。そして、仲間はそれを凄く頑張ってくれていて、ファンの皆様もそれを分かって喜んでくれている。本当にありがたいです

P1060536

ま:なるほど、ファンの為に出来る事を、と

P1060562

金子:はい、強くなろう、走る事に集中しようとしっかり思えるのは、他のやらなくてはいけない事を支えてくれる仲間がいるから、ですしね

P1060607

ま:環境に恵まれている、と

P1060619

金子:支えてくれる仲間、応援してくれる沢山のファンの方、GP当日のお客様の数、凄かったんですよね?

P1060624

ま:すごかったですね

金子:ありがたい事です

P1060642

金子:悪い時からずっと、僕の努力を見守ってきてくれた家族や仲間、ファンの皆様という存在は本当にもう

P1060641

金子:ありがたい以外の言葉がないです

ま:全てへ感謝、ですね

金子:はい

ま:なんというか…なんというか…

金子:?

ま:人格者ですなあ…

P1070383

金子:僕なんてまだまだですよ

ま:金子選手でまだまだなら、わたくしどうなると仰りますか。さあ、そしてこれからの話となりますが、GP王者のユニフォーム、不動の1番車!と

金子:ありがたいですよね

ま:ありがたい?プレッシャー!とかじゃなくて?

P1070379

金子:もちろんプレッシャーですが、良い意味でのプレッシャーだな、と。袖を通すと良い緊張感がもてるんですね

ま:ほほう

金子:今にして思えばですけど、やはり良くなかった時期というのは緊張感がなかったなと思うんですね。この1年は緊張感を持たない事なんて許されない、という服を着て状況に置かれるわけですから

ま:前向きですな…

金子:1番車を味わおう、そのプレッシャーも楽しもうと思いますね

ま:なんという前向き!

P1070388

金子:いえ、僕なんてまだまd

ま:謙虚!さあ、結構なお時間頂いちゃいまして申し訳ありませんでした。最後にファンの皆様へひとこと、どうぞ!

P1070386

金子:繰り返しになっちゃって申し訳ないんですけど…去年は本当に応援をありがとうございました。とても励みになりました、おかげさまです。今年もですね、変わらず1戦1戦を大切に頑張っていきます。是非今年も応援をよろしくお願いいたします

ま:金子選手ありがとうございました!

金子:こちらこそ

というわけで金子選手インタビュー、ずずいっとお送りいたしました!さあ、そして週明けには前に(コチラ)で山田選手と約束いたしました通り、始めますよーっ

もっと多くの選手を皆様に知って頂くための新企画、まいります!

お楽しみに!

~おまけ~

P1070392

ひたひた…

P1070393

ひたひたひた…

P1070395

ひたひたひたひた…

P1070397

じーっ……

???「な、なんすか…」

わたくし「元気ですかーっ!」

P1070398

「元樹でーす!」

わたくし「はい、来週インタビューするのでよろしくお願いします」

「えっ!?」

このページの先頭へ