日別アーカイブ: 2013年8月11日

おまたせ!金子貴志選手インタビュー!前篇!

みなさまこんにちは、豊橋競輪場マスコットのまくるです

CIMG1168

お待たせいたしました!寛仁親王牌(GⅠ)勝者かつ豊橋記念競輪(GⅢ)勝者の金子貴志選手のインタビュー、一挙掲載でございます!

さあ金子選手!いやあ金子選手!いやっほう金子選手!ちょっともう金子選手っ!

CIMG1421

金子選手(以下「金」):あ、うん…その、どうも

まくるくん(以下「ま」):あれ、テンション低空飛行

金:いや、キミ元気だなあと

ま:感心していただいたわけですね

金:どっちかというと呆れt

ま:さあそんなわけで改めて、GⅠと地元記念のダブル勝利おめでとうございます!

CIMG1419

金:ありがとうございます

ま:なんといってもGⅠ:寛仁親王牌での優勝!ともう「飽きたわ!」というくらい聞かれて答えてだと思うんですが、決勝戦、いかがでした?

金:うん…ほんとにね、なんだろう、8年ぶりのGⅠ決勝で、でも競りで、深谷君と一緒で、うーん…とかでね、でもすぐに考えるのやめて

ま:ほほう

金:自分にできる事をしよう、深谷君に迷惑をかけないよう、自分の全部を出そうって

CIMG1427

ま:言うのは簡単だけれども、その開き直りはかなり凄い事のような気がするんですが

金:なんでしょうね…練習したし、それを出すだけだなと

ま:自分で信じる事ができるだけの努力をしてきた、という自負がきいたんでしょうか

金:そんな大層なものでも…でも、うん、かもしれないですね。全部深谷君のおかげですけど

CIMG1425

ま:深谷選手の?

金:それは、はい。僕だけの力でGⅠも、その次の地元記念も、勝つ事なんてできませんでしたから。それに、今の自分っていうのも本当に彼のおかげだなと

ま:といいますと

金:彼が豊橋に入ってきて、僕なんかと師弟関係ってね、ほんとありがたい事で。それまではちょっと、やっぱりモチベーションが保てない時期もあったんですよ

ま:それはやはり、結果が伴わない時期に?

金:それが一番ですけどね、努力…してどうなるんだろ、って

ま:意外なお言葉が出ましたね

CIMG1426

金:でも彼がきてくれた、それで周囲も含めて言ってくれるんですよね。チャンスは来る、頑張れよって

ま:なるほど

金:で、駄目な時期でもずっと応援してくれるファンの方がいて、駄目な時期にわざわざ僕を選んでスポンサー契約して、バックアップしてくれた企業の方がいて、そしてなによりそういった時期でも、僕を集中させてくれるように全力で支えてくれた家族がいて

ま:環境、ですね

金:そう、環境ですね。そしてその環境をありがたいと思い、深谷君が来てくれて、練習に今までよりずっと集中できるようになりました

ま:そのモチベーションを維持し続けたという事が凄いですよね

金:いつかチャンスが来るかもしれない、もちろん来ないかもしれない

ま:普通は「来ないかもしれない」という部分から少しずつだれていくのかと

CIMG1421

金:イヤだったんですよ

ま:イヤ?

金:もしもチャンスが来た時に「努力していなかった、やる事をやっていなかった」って思ってしまう事だけは絶対にイヤだったんです。結果が駄目でも、そこまでに自分でやると決めた事は絶対にやっていた、と思いたかったので

ま:その意地ともいえる意志の強さはどこから

金:終わりをしっかりと見ているからかもしれませんね

CIMG1424

―後編へ続きます!1日だけお待ちください!―

このページの先頭へ