日別アーカイブ: 2014年5月5日

できない事が1つ減った日

みなさまこんにちは、豊橋競輪場マスコットのまくるです

ご無沙汰しておりまして!

ええ、ご無沙汰で!

GOBUSATA!

はい、大事な事なんで3回言ってみました(=゚ω゚)ノ

ねー、なんだかまー多忙、はい、皆様に比べれば知れたもんでございますがなかなかどうして多忙でございまして、うん、まあぼちぼち多忙という、略しますと

ぼ忙という感じでございまして(=゚ω゚)ノ

そんな感じでございまして中々ですね、気がつけば派手にご無沙汰となりました

そしてまだ特段落ち着いておらず、ぼ忙真っ盛りでございますがね、しかして本日のイベントについてはお届けせねばな、という事で、はい

そんなわけで久々すぎて前置きが長くなりました!

よく考えたらいつも長かったですな(=゚ω゚)ノ参ります!レリゴー!

003

はい、そもそも本日なにかといいますと

第1回サイクルキッズフェスティバル!という事でですね、ええ、子供の日という事でお子様限定のイベントをお届けしようと

お子様限定でバンクを大解放!もう好きなだけ走ってね!とか色々、はい

002

受付も準備万端でございます、ええ、オジさん気合入ってますね

001

選手の皆様も大集合でございます、といいますのも

選手の皆様による「補助輪卒業教室」というメインイベントがございまして、その他にもハンデレースや模擬レース等、まさに1日盛りだくさんな1日だぞ!と

しかしですね

あいにくの雨(´・ω・`)予報も絶望的(´・ω・`)

そんな悪天候でも、やるしかない、やるしかないんだーっ!という感じで、ええ

004

今回のイベント、取り仕切られますのはこの方

風格すら出てきた、ドS選手でございます

時刻は8時15分、補助輪教室の受付開始となります8時20分まであと少し

なにぶん第1回目の試みですので、来て頂けるのかどうなのか…という部分は非常に不安でございました。定員10人とか言っといて3人とかだったらどうしましょうと

005

オッ(=゚ω゚)ノ

006

オォッ?(=゚ω゚)ノ

007

オォォォー(;=゚ω゚)ノ

な、なんかすごいたくさん来て頂いて((((;゚Д゚))))

008

ドS選手「なんかすげーいません?」

富永選手「10人越えてね?」

011

オ、オホー((((;゚Д゚))))

058

わたくし(以下「ま」):あのー…

ドS選手(以下「S」):誰ですか、来て5人くらいかとーハフーンとかいっとったバカは

ま:ええ、わたくしですね

S:何人?

ま:17人ほどに(=゚ω゚)ノ急いで抽選をば

S:しなくていいすよ、全員行きましょう

ま:えっ…

S:乗りたいって来た子、帰せんでしょうが。100人もくりゃ別ですが、17人くらいなら選手みんな来てくれましたからなんとかなるしょ。よし、17人!やりましょ!

016

そんなわけで17人、全員参加ヾ(*´∀`*)ノ

男前です、豊橋選手!

012

いっぽうバンク解放では、多くのお子様が今か今かとスタートを待っておりました

044

T-GUPのお二方もイベント補助にかけつけてくださいました

ねーほんと、天気も雨で、いろんな場所で子供の日イベントをやっているというのに、豊橋競輪場に来てくれてほんとにありがたいなあと

013

心行くまで走ってくださいヾ(*´∀`*)ノ

014

お子様「すげー!ひろーい!」

ま「気持ちいーいー?」

お子様「すげー気持ちいーっ!ヾ(*´∀`*)ノ」

ありがとーヾ(*´∀`*)ノ

017

さあそしてこちらは、いよいよ始まった補助輪卒業教室

異常に豪華な先生陣のお披露目から、早速教室スタートでございます

020

さらっと金子選手がいるという((((;゚Д゚))))

022

ペダルを外して、蹴って進む練習など、非常にしっかりしたプログラムで

024

坂道でバランスをとる練習でございます

見てくださいこの先生の数、選手の皆様の数を((((;゚Д゚))))

ほんとに豊橋選手の皆様は、ありがたいでございますなヾ(*´∀`*)ノ

026

お子様達も、凄く一生懸命頑張ってまして

「乗れるようになりたい!」という強い気持ちがとても伝わりました

029

雨が強くなると、検車場で練習継続!

027

一方その頃バンクではおなじみサイクルTTが絶賛開催中でございました

028

怖い顔でおなじみの渡会選手、頑張ってMCされておりましたヾ(*´∀`*)ノ

T-GUPのお二方もお子様相手に大奮闘でございましたとも

そしてわたくし補助輪教室の方に戻ってきたらですね

きたらですね

031

乗れてる(((((((( ;゚Д゚))))))))

033

あ、あれ?何人かもう乗れてる?(((((((( ;゚Д゚))))))))

S「コツですから、そこさえ掴んじゃえばいけますよ」

ま「いやー、言うのは簡単ですけど(((((((( ;゚Д゚))))))))」

補助輪教室おそるべし(((((((( ;゚Д゚))))))))

032

あと一歩、ほんの少し勇気をもって踏み出すだけ、そんなお子様一人一人に

選手の皆様は優しく、辛抱強く、力強く、声をかけて

035

一人、また一人と

気がつけば乗れるようになっていて

034

「できたー!」

「乗れたー!」

そんな嬉しそうな声が、雨音が聞こえなくなるくらい大きく響いて

036

たった2時間で、実に15名の参加者のお子様が

自転車に乗れるようになりましたヾ(*´∀`*)ノ

しかしここで空気を読まない雨雲がですね、かなり雨脚を強めまして(´・ω・`)

非常に残念でしたが、午後のイベントについては全て中止という判断をせざるをえませんでした(´・ω・`)

037

それでもですね、来てくれた人達に少しでも楽しんでもらおうと、選手の皆様が急いで検車場にバンク内の物を運び込んで

小じんまりですが、とてもあたたかい感じで

040

サイクルTTをやったり

039

宮野様がサイクルTT、超盛り上げてくれましたヾ(*´∀`*)ノ

051

景品の当たるくじ引きや

052

じゃんけん大会で盛り上がり

046

照れ屋な渡邊選手や

047

変な顔の小林選手も一緒に、非常に盛り上がりました

048

お子様とたくさん触れ合えた、イベントになりました

豊橋競輪場関係者、そしてなにより選手の皆様の、努力のたまものでございますな

041

最後に塾長から卒業証書の授与でございます

042

頑張ったね、偉かったね、と

乗れるようになって良かったね、あとは自分で練習しなよ、と

もう大丈夫、もうキミは乗れるから、と

043

一人一人に優しく声をかけるドS選手

もうなんでしょうね、どこにも「S」の文字が見当たらない現状で

万雷の拍手の中、〆とあいなったわけでございます

しかし

ここで終わらないのが豊橋選手の凄い所(`・ω・´)

先程わたくし17人中15人と

残り2人のお子様が

「悔しい(`・ω・´)乗れるようになりたい(`・ω・´)」と

056

延長戦突入(`・ω・´)です

選手の皆様、ほとんどが帰ろうともせず皆で指導です(`・ω・´)

なんでしょうね、この人達かっこ良すぎますね

054

一生懸命、何度も、何度も

055

少しずつ、少しずつ

薄暗くなってきても、教室は一向に終わりません

059

「乗りたい(`・ω・´)」という子供の思いを受け止めて

少しずつ上手になっていくお子様に、選手はトーンを変えることなく、ずっと優しく声をかけ続けます

057

ま:お時間とか…大丈夫ですか?もう夕方ですが

山田選手(以下「山」):大丈夫じゃない奴も結構おるけど、そんなんまあ、どうとでもなるよ

ま:しかし…

山:貴雄にまかせてあるでね、その貴雄が「やる!」つったんだから、みんな協力するさそりゃ

ま:かっこいいですなあ

061

山:責任感の強い奴だもん、それに言っとったからね

ま:ほほう

山:「わざわざ子供の日に、他で幾らでも、もっと大きなイベントをやっている中でそれを無視して、うちに自転車が乗れるようになりたい!って来てくれた子なんだから、絶対に乗れるようにして帰してあげたい」って

ま:男前な((((;゚Д゚))))…なんという男前な((((;゚Д゚))))…

山:「豊橋競輪場に来て、その子のできない事が1個減った。そうなったら素敵ですよね」ってな

ま:ちょっとドSの男前成分が強すぎますね

山:しょうがない、最近あいつぁほんとに男前だでな。でも、それを受けて一緒に頑張ってくれる他の選手の事も同様に俺は自慢したいけどね

062

ま:勿論そうですな

延長した補助輪教室は、つい先ほどまで続いておりました

粘り強く、根気強く、励ましながら褒めながら

そんな様子を見ていましたわたくし、我慢できずに1度だけ「頑張れー」と

そしたらですね

ドS選手にめちゃ怒られまして((((;゚Д゚))))

060

S:じゅうぶん頑張ってる子供たちに安易に「頑張れ」とか言っちゃ駄目、子供たちに失礼です

勇将の下に弱卒なし(`・ω・´)ゞ

第1回豊橋競輪場補助輪卒業教室

全参加者:卒業!ヾ(*´∀`*)ノ

このページの先頭へ