日別アーカイブ: 2016年11月2日

石川浩史の本場開催レポート♪

 

みなさんこんにちは♪ 石川浩史です。

ニュー八千久 千代の里杯争奪戦 (FⅠ)最終日が終了しました~

最終日は高配当レースがたくさんありましたね!

さて、A級、S級決勝戦を振り返っていきましよう♪

まずはA級決勝

中部勢は4車、近畿は角選手(兵庫)菱田選手(京都)が別線。角選手には篠原選手がつけ2車

九州の園田選手は単騎

Sは上田選手(岐阜)がとりました。赤板で角選手がイン切りするも、すかさず京都勢が先行体制!

鐘過ぎから全力で駆ける京都勢に園田選手が切り替え3番手におさまる。

角選手が4番手から捲るも上田選手の追い上げで中団がもつれる。4コーナーで

菱田選手の番手からベテランの四宮選手が抜け優勝を飾りました!!

愛知の小塚選手も後方から良く伸び3着と健闘!

インタビューでは後輩の走りに感動するね!と言ってましたね♪

img_6915

img_6920

優勝:四宮哲郎選手(京都) 2着:篠原 英雄選手(高知) 3着:小塚 潤選手(愛知)

続いてS級は中部勢5車、岐阜3車(松岡選手、志智選手、谷田選手)、林選手(愛知)、岩本選手2名は

別線を選択した。

荒井選手(佐賀)には西日本ラインで香川選手(香川)が、池田選手(埼玉)には明田選手が付ける超細切れ戦になりました。

Sは荒井選手ラインが受け、3番手に林選手ライン、中団には岐阜勢、後方は池田選手ラインという展開。

レースが動いたのは赤板。池田選手ラインが出るも、すかさず林選手ラインがイン切り、荒井選手は後方7番手に置かれる。

BSは岐阜ラインで決まるかと思いきや、4番手に飛びついた林選手ラインが伸び、林選手の番手にいた志智選手が差し見事優勝!!

優勝:志智俊夫選手(岐阜)  2着:林 巨人選手(愛知)  3着:岩本和也選手(石川)

志智選手はインタビューで完全復活を宣言していました!完全優勝おめでとうございます!!

img_6922

img_6929

今節はA級、S級ともにベテラン選手が優勝!若手選手のよい励みになったのではないでしょうか。

さて次回本場開催は11月5日~11月7日! すぐですね♪

次回本場開催も豊橋けいりんでお待ちしております♪

以上石川浩史がお伝えしました♪

 

このページの先頭へ