日別アーカイブ: 2017年10月1日

石川浩史の9月29日本場F2最終日リポート(オッズパーク賞争奪戦)

 こんにちは!石川浩史です。
平成29年度豊橋市営第8回FⅡ「オッズパーク賞争奪戦」最終日リポートです。
季節は秋、朝晩は冷え込むも日中は日が差せば過ごしやすい場所、豊橋バンク。

2日間激しい競走の中、勝ち上がった選手達が決勝に進出しました。

まずはチャレンジ戦、注目選手と勝ち上がりの内容を紹介します。
地元の①富安保充選手、連日伸び良く安定した走り。
111期⑦金ヶ江勇気選手(佐賀)④中野雄喜選手(京都)は積極的な走り見せてるね!

①富安 保充選手 連日伸び良い  同県加藤付け
②高松 直満選手 安定してる   ⑦金ヶ江付き
③樋口有樹郎選手 悪くない    再度中野に
④中野 雄喜選手 内容良い    優勝目指す、自力
⑤加藤 正法選手 内容出来良いね 良いですね、自力自在
⑥城木 健治選手 ダッシュ有り  地元豊橋3番手
⑦金ヶ江勇気選手 内容動き良い  先行基本でやる
並び予想← ⑦②・⑤①⑥・④③

号砲一発スタート。
Sは②高松取り、すかざず⑦金ヶ江選手が前に中団、⑤①⑥地元トリオ後方
④③で周回重ねる。
青板で後方、④③が動くも⑦もつっぱりぎみも引く6番手だ。
鐘で④③、中団⑤①⑥後方⑦②
HS、④中野選手全開ででかける
2角前⑤①⑥マクリに出る
3角すぎに豊橋トリオ出きる。6番手から⑦マクリ追い込みぎみで外踏みゴール前、
番手から①富安選手追い込みV
⑦金ヶ江選手2着、3着はマクリの⑤加藤選手。

優勝は6連勝の①地元、富安保充選手
2着はマクリ追い込みの⑦金ヶ江勇気選手
3着はBS3番手マクリの⑤加藤正法選手
今回、111期の動き目立ったレースだ。
また、地元豊橋3人良く頑張ったね。
ヤスミツあと3勝で特進だ!!?

続いてA級決勝。
注目は、111期生2名です。
④山崎賢人選手(長崎)⑧門田凌選手(愛媛)共に2日間の勝ち上がり戦で内容動き良い先行で決勝戦に。
また、光岡義洋選手、鈴木伸之選手の両地元だ。
単騎選択の⑦玉手翔選手の動き、また九州別選⑥小岩選手③阿部選手の動き注目。

①光岡 義洋選手
②川木 敬大選手
③阿部 兼士選手
④山崎 賢人選手
⑤鈴木 伸之選手
⑥小岩 哲也選手
⑦玉手 翔選手
⑧門田 凌選手
⑨松尾 玄太選手
並び予想← ④⑨②・⑧①⑤・⑦・⑥③

S取りは、③阿部選手がすかさず⑥小岩選手が3番手に⑦玉手選手、④番手に④山崎賢人選手先頭に
⑨②で後方、⑧①⑤で周回、赤板で後方から⑧①⑤でおさえる前にいた⑥③すんなり引く
鐘先、中団の④⑨②がさらい、おさえに行くも、⑧①⑤をおさえると⑧と④先行争いかと思いや、
⑧は番手に引く
鐘3角では④⑨②で出切り、HS、全開で先行。
中団下げた⑧はHカマシも不発。地元勢4番手に入る。
優勝争いは先行した④山崎選手か番手の⑨松尾選手に絞られる。
ゴール前激しい争いは先行した④山崎選手に軍配が上がり逃げ切りだ!

 

優勝は④山崎 賢人選手 2着(初日)1着(2日目)1着(最終日)
2着は⑨松尾 玄太選手
3着は②川木 敬大選手
ラインで決まる。
インタビューでも「門田君は同期として意識せず、強い選手として見ていました」
これから大きな選手になると思うね!

今回は111期生の活躍が目立ってたね。
地元の光岡選手、鈴木選手も良く頑張ったよ。

☆今回の地元選手
 ●チャレンジ

 古屋孝一選手  最終日2着

 太田黒真也選手 残念。また頑張れ

 富安保充選手、城木健治選手、加藤正法選手 決勝進出!

 ●A級1・2班

 中村賢二選手 残念。また頑張れ

 副支部長 山田圭二選手 最終日 1着強かったね!

 鳥越靖弘選手 最終日 2着

 光岡義洋選手、鈴木伸之選手決勝進出

 皆、それぞれ各レースで頑張ってたね! お疲れ様でした!!

 次回は、ガールズ開催(10月5日~7日)です!!! 

 

このページの先頭へ