月別アーカイブ: 2017年11月

石川浩史の本場F1 日本写真判定杯(11月20日~22日)前検レポート

こんにちわ!石川浩史です。FⅠ管財杯争奪戦が明日から始まります。
立冬も過ぎ、真冬並みの寒気の中、全国各地より精鋭がここ豊橋競輪場に集結しました。

今開催も実力伯仲で誰にもチャンスがあるシリーズ。
まず今開催の中心選手を地区別に紹介します。

★S級

【北日本地区】
S1は参加なし
佐藤祐一選手(福島)、佐藤一伸選手(福島)、先頭で鹿内翔選手(青森)、青森伸也選手(福島)らが続く

【関東地区】
池田勇人選手、大澤雄太選手、岸澤雄太選手の埼玉トリオ中心。
杉本正隆選手、関貴之選手、小原唯志選手 共に茨城勢が結束で

【南関東地区】
簗田一輝選手(静岡)先頭で斉藤竜也選手、川口直人選手、川崎健次選手 共に神奈川勢が続く

 

【中部地区】
松岡篤哉選手(岐阜)先頭で伊藤正樹選手(愛知)、柴崎俊光選手(三重)で
また、猪俣康一選手(愛知)、谷口明正選手(三重)の自在型も注目だね

【近畿地区】
近走復活の川村晃司選手(京都)、畑段嵐士選手(京都)、小林史也選手(和歌山)、伊藤信選手(大阪)
の先行力も魅力だね!

【中四国地区】
大川龍二選手(広島)、小川祐司選手(愛媛)の自力型に吉永好宏選手(広島)ベテラン梶應弘樹選手(愛媛)
で結束戦だ

【九州地区】
ベテラン西川親幸選手(熊本)の位置取りも注目だ

★A級

【中部地区】
109期松岡晋乃介選手(岐阜)、吉川勇気選手(石川)先頭で光岡義洋選手、水谷良和選手(共に愛知)
北村篤選手(岐阜)、山田純也選手(岐阜)連係で走力戦

【近畿地区】
井上将司選手(兵庫)の自力で中井護選手(滋賀)、窓場加乃敏選手(京都)共にベテランマーカーが結束で!

【中四国地区】
三登誉哲選手(広島)の自在型、又、109期山本挙也選手(高知)、岡田啓渡選手(愛媛)先頭で
小川巧選手・岩本純選手(共に岡山)連係で戦う

【九州地区】
徹底先行で利根正明選手(大分)、自在の廣田樹里選手(熊本)らに上吹越直樹選手(鹿児島)
山崎岳志選手(佐賀)、原田礼選手(福岡)また自在型が多く混戦を作れるかな!!

★地元選手の紹介です

S級
伊藤正樹選手


安定した走りで縦脚も見せれる男。
少し大人の顔になったか。
「今回地元戦、少しわがままでの位置を主張する。調子は良い、豊橋の風は得意です!」

三浦稔希選手


毎開催必ず1着は取れてるね。
今開催、初日に1着お願い!
「調子はまずまず。展開次第で行けると思います」

佐藤瓦選手


「3場所前の落車も癒え今回から出場ありですよ。そろそろ1着が欲しいな~」
豊橋参加多いね。頑張れ~

猪俣康一選手


毎開催良い競走してるね。
「豊橋の風は気にならない。力を出し切れる様に頑張ります」

A級
水谷良和選手


46歳も優勝戦乗れてる。頑張ってる。
今回も期待してるよ!
「調子はぼちぼち。前次第ですね」
謙虚な言葉もうらはらレースが厳しいよ!

光岡義洋選手


安定した成績。そろそろ優勝してほしいね!
「調子は良いが明日同地区先行型不在。自分でまくるか?」
このコメント出ること、気合・調子良いだね!
頑張れ!

瀧本匡平選手


新人の後空いたがどうすると問うと
「自分が先頭で走りますと」
良い気持ちを持ってる男だね!ガンバレ!

鈴木宏幸選手


「昨日午後に追加の電話があり。練習休養しっかり出来てるので問題ないです」

細川貴雄選手


愛知の重鎮、貴雄。53歳頑張ってるな~
とぼけた写真も自転車乗れば変身する!
「調子どうのこうのではなく展開次第だね」

★追伸
豊橋開催もあと2開催。
数々の名場面を繰り広げられた走路が全面改修になります!

あと2開催で地元優勝してほしいね~~

 

このページの先頭へ

11月12日キックバイクイベント報告

豊橋競輪美少女マスコットのしょうぶよ💖

お久しぶりですわ♪(〃´ω`〃)

11月12日(日)に場内で🚲こどもサイクルイベント🚲

「キックバイク体験 ~第2弾タイムトライアルin豊橋けいりん~」を行いましたわ🏁

 

風が強い中ではあったものの、可愛いらしい子どもたちの キックバイクイベントは大盛況でしたわ!!🎉

 

 

前回の特設コース(80m)より難易度を上げてクランクコースや狭路コース

ロータリーコースなど新設(100m)して実施したわよ。

1周走行タイムとしてまくる君タイム(90秒)をクリアできれば「豊橋けいりんオリジナルタオル」をプレゼントしたわよ!

 

参加賞として「駄菓子詰め合わせ&記録証&競輪カレンダー2018」も進呈しましたわ!

前回参加してくれた子供たちも多数いたわね~。

ベストタイムの50秒でクリアする凄い子供も=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)

「この日の為にキックバイクを練習してきました」とコメントしてくれたわよ!

みんなケガなく、楽しく体験していただけたみたいだわΣd(≧ω≦*) グッ

この中から将来、競輪選手が誕生するといいわね🎵🎵🎵🎵🎵

今回ご参加いただいた 22名/17家族の皆様ありがとうございましたਭෆ❛ั◡❛ัෆ✩

定期的に実施するので、今回参加できなかった子は次回お待ちしているわよ~

 次回はレース形式の「とよはしGP」など実施してみようかしら(´・ω・)?

以上、豊橋けいりんマスコットのしょうぶでした💓💓

皆様また逢う日まで、ごきげんよう(*´ω`)o

このページの先頭へ

【イベント報告】11月5日(日)浜松オートコラボイベント 異種競技バトル結果

豊橋けいりんマスコットキャラクター 「まくる君」 です(´・ω・)ノ

11月5日(日)に浜松オートレース場で開催された「SG日本選手権オートレース」開催最終日にコラボイベントとして豊橋競輪軍団VS浜松オートレース軍団と

異種競技バトルを行ってきましたo(`皿´メ)

今回の選手軍団は渡邊健選手・小林信晴選手・鈴木伸之選手

中嶋里美選手・中野咲選手・田中雅史選手(名古屋)が参加していただけました。

浜松オートとのコラボイベントは2012年から定期的実施しています(`・ω・´)

過去の対決は競輪5勝・オート3勝の成績で果たして今回の結末は・・・

 

イベント当日、早朝8時に浜松オートに到着。
「競輪vsオートレース」の為に、競走路テスト走行を行いました。

走路の感触を確かめつつ競技にむけて身体をほぐします。

テスト走行・コンディション作りも終了し、オートの朝練習見学です!

見学を終え、いよいよ中野選手による第1R試走先導です。

これぞまさに“競輪”דオートレース”とも言える、競輪自転車による試走先導を実施。

お客様も普段見慣れない自転車による先導を見て、楽しんでいる様子が見られました。

先導する中野選手、ほぼ全力疾走にあたる時速50kmのスピードで半周先導、戻ってきた時は疲労困憊でしばらく立ち上がれない状態でした。

このあと選手ロッカーの見学です。

鈴木健吾選手に案内していただきました。

選手ロッカーを見学、競輪とは違い個々に整備ロッカーがあることに競輪選手は驚いていましたΣ(゚ロ゚;)

女子オートレーサー金田選手と交流。

中野選手・中嶋選手、お互いの競技に質問が飛び交います(-ω- ?)

渡邊選手・中野選手は競走車に乗車させていただき、感動していた様子( ・◡・ )♫

 

また浜松オート様の御厚意で走路内見学も参加させていただきました。

競輪バンクとオート走路の違いや迫力あるレースを目の前で見学でき興奮する一同。

控室へ戻って束の間、皆さん車券購入タイムです。車券的中して喜ぶ中嶋選手(◍ ´꒳` ◍)b

予想に一喜一憂しながらトークショーの時間です。

トークショーでは、選手同士の裏話やオート選手との交友、異種競技バトルへの意気込みを語ったり、競輪選手の太股披露など行いました。

 

もちろん11月本場開催やロイヤル席オープンなど豊橋競輪場のPRも行いました。

次はいよいよCS出演です。

CS出演に慣れない様子、レースより緊張したとか(笑)

ピットレポートにも出演。

小林選手「しっかりペダルを踏み込みます」

健吾選手「しっかりグリップ握ります」

と和やかな雰囲気に勝負を前に緊張感が緩みます。

お互い正々堂々と戦う誓いの握手を交わします。

オート選手同士も握手を交わし(笑)、いざ対決です。

本番前に作戦会議。ジャンも準備完了です!

田中選手「勝敗を左右する打鐘、しっかり叩きますw」

競輪ガールズ入場曲と共に選手入場(✿╹◡╹)人

競輪ファンファーレの合図と共に大時計が動き出しスタートです。

懸命に逃げる中嶋選手に対し岡谷選手が猛追。しかしわずかに届かず中嶋選手の勝利。

中嶋選手「最後は音がどんどん近くなってきて必死でした(笑)」

岡谷選手「序盤は遠いなぁ~と思っていましたが、直線で一気に詰まって行ったので、目いっぱい開けたんですが届かなかったのですね(泣)」

女子戦のリベンジに燃えるオート選手、いよいよ男子戦です。

小林選手が大きなリードを守り最後の直線に入り逃げる小林選手を鈴木選手が

懸命に追うも小林選手が勝利。

小林選手「近づいてくる音に少し驚きましたが、必死に逃げました。疲れたぁ~」

鈴木選手「完敗です。腕を磨いて次回リベンジします。」

競輪の2勝という結果でした。

これで通算成績:競輪7勝・オート3勝

ウイニングランでは双方に健闘をたたえる声援が飛び交い、盛り上がるイベントでした。

最後に鈴木選手による11R試走先導です。

競輪のお客様も何人か見受けらて、オートレースのお客様からも場内で

「3年ぶりのコラボイベント愉しみにしていたよ」とお声がけいただけました。

メインイベントの対決時にはメインスタンドは優勝戦を思わせるような人だかりでした。

 

今度は豊橋競輪場でこのようなイベントを実施できるよう関係者と協議しなければ(。´・ω・)ノ”

今回のような競輪×オートレースのコラボは近隣公営競技場同士だからこそ実現できるイベントです(。ゝ∀・)ゞ

今後も相互協力しながら競輪・オートレースの発展に繋がるイベントを実施していくよ~。

以上、まくるでしたヾ(゚Д゚)

このページの先頭へ