石川浩史の11月22日 本場F1・管財杯争奪戦 最終日リポート

こんばんわ石川浩史です。
FⅠ管財杯争奪 最終日リポートです。

初日、中日は冬の風BS向かいの先行型が苦しい展開。
最終日は風こそないが雨の中3日間選手達の熱い走りが繰り広げられました!

各クラスの勝ち上がりとレース展望を紹介します。

【A級決勝戦】

①水谷 良和(愛知) 連日渋いレースだ   同県⑤光岡に

②三登 誉哲(広島) 何でもできる出来良い 自力自在で

③利根 正明(大分) 内容動き良い     先行基本

④森岡 正臣(高知) 悪くない       ③利根に行く

⑤光岡 義洋(愛知) 動けてるよ      前々自在で

⑥岩本 純 (岡山) 流れ良いね      中国3番手

⑦中井 護 (滋賀) 出来良いね      ⑧市村に

⑧市村 昌樹(兵庫) 連日内容良い     自力自在で

⑨小川 巧 (岡山) 良い仕事してる    ②三登に

S取りは⑦中井選手がすかさず⑧市村選手が行く
⑧④近畿ライン・3番手に③利根選手④森岡選手中団に⑤光岡選手①水谷選手の愛知コンビ後方に
②三登選手⑨小川選手⑥岩本選手の中国ラインで周回重ねる

レースが動いたのは赤板で後方より②⑨⑥が動き、中団気にせず鐘前に前まで動く
S取った近畿コンビは中国4番手まで引く
鐘で中団ライン先行体制で中団に愛知両者が4番手に追い上げる
後方になった③利根選手が鐘2センターからカマシ先行、後④森岡選手が離れるも
中国3番手に入る。
Hでは③ ②⑨④ ⑤⑥ ①
②    ⑧⑦

でBS通過、優勝争いは②三登選手、⑨小川選手、③利根選手に絞られるが
4角で目標の③利根選手を捕らえた②三登選手のV
2着争いは番手の小川と中国3番手に入った④森選手が中割りも3着

 

優勝  三登 誉哲選手(広島)
2着  小川 巧選手 (岡山)
3着  森岡 正臣選手(高知)

3日間落ち着いたレース3連勝おめでとう!
大ベテラン②小川選手52才も良かったね!(素晴らしいびっくり)

また地元光岡選手も4着も残念だが良い動きしてたね!

【S級決勝戦】

①伊藤 正樹 (愛知) イマイチかも 前だめも  近畿3番手

②川村 晃司 (京都) 出来良い 何でも出来る  再度⑦伊藤に

③小沼 良  (埼玉) 流れ良いね        再度同県⑧に

④関 貴之  (茨城) 出来良い伸びあり     南関東3番手

⑤柴崎 俊光 (三重) 連日位置悪も力あり    単騎流れ見て

⑥小川 祐司 (愛媛) 出来良いね        先行基本で

⑦伊藤 信  (大阪) スピードありもマクリ中心 自力自在で

⑧岸澤 賢太 (埼玉) 仕掛け遅いも出来良い   自力自在

⑨西川 親幸 (熊本) ベテラン頑張る      再度⑥付け

決勝戦。
S取りは③で南関東勢⑧③④で受け、4番手⑥⑨で6番手、⑦②①で単騎⑤で周回重ね
赤板前で3番手から⑥⑨動き前受けの南関ライン引く
鐘で近畿先頭の⑦伊藤がまさかのカマシ先行で、近畿ライン+1(⑤柴崎選手)で出来る
BSでは⑦伊藤選手の後、2~3車後に②川村選手が余裕で開ける
4角過ぎ優勝は②で決まりも、2・3着争いだ。
鐘先行した⑦伊藤選手が逃げ残り2着、3着は単騎も近中4番手に回った⑤柴崎選手が中付き伸びる

 

優勝  川村 晃司 (京都)
2着  伊藤 信選手 (大阪)
3着  柴崎 俊光選手(三重)

今開催、素晴らしい走りと近畿の結束の絆は改めて感動したね!

また西川親幸選手(52歳)のS級最年長優勝記録はならなかったが素晴らしい走り見れたね!

地元①伊藤選手も優勝狙いの為、4角外踏みも良かったのでは?
また頑張れ!

【地元選手】

吉野選手、高野選手最終日1着。
また鈴木選手、瀧本選手しっかり自分の仕事してたね。

A級決勝戦進出の光岡選手、水谷選手も連日がんばったよ!

猪俣選手は決勝には乗れなかったが最終日良いレースしてたね!

S級決勝戦に伊藤正樹選手もよかったよ!

地元選手お疲れ様ビック氏

また頑張って下さい!

※今月は後一節で歴史ある豊橋グラウンドが幕が閉じる(全面改修)
来年7月より新しい競輪場が出来新たなドラマが繰り広げられるだろう!

このページの先頭へ