ウィンチケットはauかんたん決済が使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ

ウィンチケットはauかんたん決済が使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ

PR

ウィンチケットは、auかんたん決済が使える競輪投票サイトです。
チャージ画面からauかんたん決済を選択すれば、毎月の通信料金と合算して支払えます。

ウィンチケットはauかんたん決済が使える

ウィンチケットは、auかんたん決済に対応しています。
チャージ画面に「auかんたん決済」があるので、選択すれば支払いができす。

ウィンチケットのチャージ画面
ウィンチケットのチャージ画面
auかんたん決済でチャージ
金額を選んでチャージできる

毎月の携帯料金とまとめて支払いたいなら利用しましょう。

povo2.0はauかんたん決済が使えない

ただし、ウィンチケットでは「povo2.0」はauかんたん決済が利用できません。

auかんたん決済は、au携帯電話(au、UQ mobile、povo)の利用者なら使える支払い方法ですが、povo2.0だけは対象外です。

2023年2月17日(金)12時より、povo2.0にてauかんたん決済(通信料合算支払い)をご利用のお客様は、WINTICKETでauかんたん決済をご利用いただけなくなります。

ウィンチケット

povo2.0の利用者は、他のチャージ方法を利用しましょう。

ウィンチケットのauかんたん決済のチャージ上限、手数料、反映時間

ウィンチケットのauかんたん決済のチャージ上限、手数料、反映時間をまとめました。

チャージ上限100,000円/月
※回数上限はなし
手数料無料
反映時間即時
注意事項・povo2.0利用者は使えない
・チャージ後は、払戻金になるまで出金できない
・チャージ後の返金、キャンセルはできない
・チャージされたポイントの有効期限は180日間

ウィンチケットにチャージしたお金は、投票用のポイントに変換されます。そして、ポイントのままでは出金ができなくなるので注意です。

レースで的中して払戻金になると、出金できるようになります。

また、一度ポイントに変換されると、返金やキャンセルができません。
金額を間違えたり、生活に支障が出るような高額入金は避けましょう。

ポイントには有効期限があります。180日経つと失効してしまうので注意してください。

ウィンチケットの払戻金は銀行口座に出金される

ウィンチケットの払戻金は、精算後に自分が指定した銀行口座に出金されます。
auかんたん決済で入金した場合でも、出金先は銀行口座です。

ちなみに、精算申請すると、全額が精算されます。一部だけ引き出すことはできません。

14時50分までに精算申請すると当日出金される

14時50分までに精算申請すると、原則当日出金されます。それ以降は、翌日の金融機関の営業日の入金になります。

24時間、即時精算に対応している銀行もある

一部の銀行は、24時間の即時精算に対応しています。

ウィンチケットの即時精算に対応している主要金融機関

即時精算に対応している楽天銀行・PayPay銀行・住信SBIネット銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行に関しては、メンテナンス時間帯を除き24時間リアルタイムでの入金が可能です。

ウィンチケット

すぐに払戻金を引き出したいなら、上記の銀行を使うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です