ウィンチケットのチャージ方法の種類一覧

ウィンチケットのチャージ方法の種類一覧

PR

ウィンチケットでは他サイトよりもチャージ方法が多くあります。本記事ではウィンチケットのチャージ方法について、詳しく解説します。

ウィンチケットのチャージ方法一覧

チャージ方法手数料チャージ可能額
ウィンチケットの払戻金チャージ
払戻金
無料1円~上限なし
ウィンチケットの銀行口座チャージ
銀行口座
無料or110円100円~9,990,000円/月
※Pay-easyでの月間チャージ可能額は300,000円
ウィンチケットのチャージに利用できるクレジットカード
クレジットカード
無料100円~
・VISAとマスターカード合算で400,000円/月
・JCBで100,000円/月
・Diners Clubで100,000円/月
PayPay
PayPay
無料100円~500,000円
(500,000円/日、2,000,000円/月)
d払い
d払い
無料100円~100,000円
(100,000円/日、100,000円/月)
auPay
au Pay
無料100円~250,000円
(500,000円/日、2,000,000円/月)
LINEPay
LINE Pay
無料100円~
・300,000円/日(本人確認未実施だと100,000円/日)
・500,000円/月(本人確認未実施だと100,000円/日)
メルペイ
メルペイ
無料100円~50,000円
(50,000円/月)
T-POINT
Vポイント
無料1円~上限なし
Pontaポイント
Pontaポイント
無料1円~上限なし
dポイント
dポイント
無料1円~上限なし
auかんたん決済
auかんたん決済
無料100円~100,000円
(100,000円/月※auかんたん決済の利用上限次第)
Apple Pay
Apple Pay
無料100円~400,000円
(400,000円/月)

ウィンチケットで利用できる各チャージ方法の特徴について、詳しく解説します。

払戻金

ウィンチケットのチャージ方法「払戻金」

払戻金とは、ウィンチケットで投票を的中させて得た賞金です。払戻金はユーザーの好みに応じて、再チャージもしくは銀行口座への精算を選択できます。

チャージは即反映されるので、ポイントバックのために投票実績を増やしたい、コロガシでどんどん稼ぎたい方におすすめのチャージ方法です。また最小1円からチャージできます。

ただし払戻金チャージの場合、共通ポイント(Pontaポイント、Vポイント、dポイント、PayPayポイント)の還元はありません。ウィンチケットで共通ポイントを稼ぎたい方は、払戻金以外の方法でチャージしましょう。

銀行口座

ウィンチケットのチャージ方法「銀行口座」

ウィンチケットの銀行口座からのチャージは以下の2種類があります。

銀行口座からのチャージ方法対応銀行
口座引き落としPayPay銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行(手数料無料)
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行(手数料110円)
Pay-easy上記以外すべての銀行(手数料110円)

口座引き落としはチャージ申請後、そのまま銀行のインターネット会員サイトに移動し、振替を承認すればチャージ可能です。

Pay-easyの場合はチャージ申請後に振込先口座情報を受け取ります。指定された口座にATMやネット送金で振り込むと、ウィンチケットのポイントが反映される仕組みです。

PayPay銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行を除くとチャージ1回あたり110円の手数料がかかります。なるべく手数料無料の銀行からチャージしましょう。

クレジットカード(VISA・JCB・マスターカード・ダイナース)

ウィンチケットのチャージ方法「クレジットカード」

ウィンチケットではVISA、JCB、マスターカード、ダイナースクラブの4ブランドのクレジットカードをチャージに使えます。

ウィンチケットでチャージできるクレジットカードブランド

どのカードでチャージするとしても、3Dセキュアの設定は必須です。

WINTICKETでは3Dセキュア登録済みのクレジットカードのみ使用できます。

ヘルプ・チャージ【WINTICKET(ウィンチケット)】

ウィンチケットでチャージする前には、あらかじめカードのネット会員ページから、3Dセキュアの設定を済ませましょう。

クレジットカードでウィンチケットにチャージした場合、チャージ額の0.5~2%程度がクレジットカードのポイントとして還元されます。(還元の有無や還元レートはカード会社の規定によりけりです)

毎月のチャージ金額が高額になる場合、ウィンチケットへのチャージだけでもクレジットカードのポイント還元を多く受けられる可能性があります。

チャージ可能額はVISAとマスターカード合算で400,000円、JCBとダイナースクラブでそれぞれ100,000円ずつです。そのためクレジットカードでは月間最大600,000円までチャージできます。

ウィンチケットでクレジットカードは使える?VISA・JCB・マスターカード対応状況と入金方法 ウィンチケットのクレジットカードのヘルプ、よくある質問、注意点 ウィンチケットのクレジットカード決済が失敗する原因と対処法 ウィンチケットのクレジットカード決済が失敗する原因と対処法

PayPay

ウィンチケットのチャージ方法「PayPay」

ウィンチケットのPayPayチャージには、PayPay残高、クレジット(旧:あと払い)、PayPayポイントが使えます。ウィンチケットの公式サイトには「PayPay残高のみ利用可能」の記載がありますが、こちらは古い情報です。

WINTICKETで使えるPayPayの支払い方法は?
WINTICKETではPayPay残高のみ利用できます。PayPay残高以外のPayPayでの支払方法は利用できません。

ヘルプ・PayPayチャージ【WINTICKET(ウィンチケット)】

チャージ申請後にPayPayアプリが起動すると、自分で好きなチャージ方法を選択できます。

自分で好きなチャージ方法を選択できる

PayPayにクレジットカード(PayPayカードとPayPayゴールドカード以外)を連携させていても、ウィンチケットのチャージには使えません。

ウィンチケットはPayPayが使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ ウィンチケットはPayPayが使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ

d払い

ウィンチケットのチャージ方法「d払い」

ウィンチケットのd払いチャージには、d払い残高とdポイント、ドコモユーザー限定で電話料金合算払いが使えます。d払いに設定済みのクレジットカードは、dカードのみ利用可能です。dカード以外のクレジットカードは使えません。

d払いのクレジットカード支払いに関しては、dカードのみがご利用いただけます。dカード以外のクレジットカードはご利用いただけませんのでご了承ください。

【お知らせ】d払いでチャージできるようになりました【ウィンチケット競輪】

なおdアカウントで2段階認証設定を「強」にしている場合、ログインする際は2回SMSで受信したワンタイムコードを入力します。ウィンチケットにおいて、最も工数の多いチャージ方法がd払いです。

ウィンチケットはd払いが使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ ウィンチケットはd払いが使える!やり方と限度額、注意点まとめ

au Pay

ウィンチケットのチャージ方法「auPay」

ウィンチケットはau Payでもチャージできます。au Payを加盟店(ウィンチケットなど)で利用した場合、支払い金額の0.5%分のPontaポイントが還元されます。

支払い金額の0.5%分のPontaポイントが還元

貯まったPontaポイントは、ウィンチケットの再チャージに利用するのもおすすめです。

LINE Pay

ウィンチケットのチャージ方法「LINE Pay」

ウィンチケットではLINE Payもチャージに使えます。チャージ可能金額は、LINE Pay側での本人確認の状況によりけりです。

本人確認1日のチャージ上限1か月のチャージ上限
未了100,000円100,000円
完了300,000円500,000円

LINE Payの本人確認は、銀行口座を登録することで簡単に手続き可能です。また運転免許証やマイナンバーカードなどの画像や自分の顔画像を撮影して手続きする方法もあります。

メルペイ

ウィンチケットのチャージ方法「メルペイ」

ウィンチケットのメルペイチャージには、メルペイ残高、メルペイあと払い、メルペイポイント、銀行口座チャージ払いが使えます。ただしメルペイの本人確認が完了していない場合は、メルペイポイントでのチャージのみ可能です。

メルペイは1か月あたりのチャージ上限が50,000円なので、ウィンチケットの中では最も低額での入金しかできません。

メルペイは1か月あたりのチャージ上限が50,000円
ウィンチケットはメルペイが使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ ウィンチケットはメルペイが使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ

Vポイント

ウィンチケットのチャージ方法「Vポイント」

ウィンチケットは公営ギャンブルの投票サイトで唯一、Vポイントでチャージできます。チャージ上限はなく、手数料も無料です。最小1円からチャージできます。

Vポイントが貯まっているものの使い道がない方は、ウィンチケットのチャージに利用してみてください。

Pontaポイント

ウィンチケットのチャージ方法「Pontaポイント」

Pontaポイントも公営ギャンブルサイトでは唯一、ウィンチケットで使えます。チャージの上限金額はありません。また最小1円からチャージできます。

またウィンチケットでは、時々高額のPontaポイントが還元されるキャンペーンが開催されることもあります。

高額のPontaポイントが還元されるキャンペーン

dポイント

ウィンチケットのチャージ方法「dポイント」

ウィンチケットではdポイントでのチャージもできます。dポイントでチャージするには、先にウィンチケットアカウントとdポイントの連携が必要です。

ウィンチケットアカウントとdポイントの連携が必要

なおウィンチケットに連携できる共通ポイントは、dポイント、Vポイント、Pontaポイント、PayPayポイントのうち2種類です。既に2種類のポイントを連携済みの場合、どちらかの連携を解除しないと、dポイントの連携はできません。

dポイントは最小で1円からチャージできます。

auかんたん決済

ウィンチケットのチャージ方法「auかんたん決済」

auかんたん決済はauユーザーのみが利用できるチャージ方法です。ウィンチケット側のチャージ上限は月間100,000円ですが、auかんたん決済の利用可能額は契約者の年齢や利用状況などによって決まります。

auかんたん決済をサブスクやau Payマーケットなどの支払いに利用している場合、その分だけウィンチケットにチャージできる上限額も減額されます。

なおauかんたん決済は、au回線下(3G、4G、LTE)でのみチャージできます。Wi-Fi環境ではチャージできないので、Wi-Fiをオフにしてからチャージしましょう。

Wi-Fi環境ではチャージできない
ウィンチケットはauかんたん決済が使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ ウィンチケットはauかんたん決済が使える!チャージ方法、限度額、注意点まとめ

Apple Pay

ウィンチケットのチャージ方法「Apple Pay」

Apple PayはマスターカードブランドのクレジットカードをiPhoneに登録することで使えるウィンチケットのチャージ方法です。月間チャージ上限は400,000円で、通常のクレジットカードのチャージ金額とは別枠でカウントされます。

月間チャージ上限は400,000円

つまりマスターカードブランドのクレジットカードを2枚持っている場合、1枚は通常のクレジットカード、もう1枚はApple Payでチャージすれば、月間最大800,000円のチャージが可能です。

例えばメルペイは月間50,000円しかチャージできないものの、Apple Pay連携をさせることで、ウィンチケットに月間最大400,000円までチャージ可能になります。

ウィンチケットのお得なチャージ方法

ウィンチケットはチャージするだけでもお得に稼げる競輪サイトです。お得に稼ぐためのおすすめのチャージ方法を詳しく紹介します。

VポイントとPontaポイント、PayPayポイント、dポイントのうち2種類を連携させておく

ウィンチケットで貯まるポイント

1,000円分の無料ポイントがもらえる!
★登録後すぐ投票できます

ウィンチケットでは以下共通ポイント4種類のうち、好きなポイントを2つ選べます。

  • Vポイント
  • Pontaポイント
  • PayPayポイント
  • dポイント

ウィンチケットに200円以上チャージすると、0.5%分のポイントを獲得可能です。例えばPontaポイントとVポイントを連携させて1,000円分チャージすると、PontaポイントとVポイントがそれぞれ5ポイントずつ還元されます。

1,000円分チャージすると、PontaポイントとVポイントがそれぞれ5ポイントずつ還元

チャージ方法によっては、チャージ方法側でもポイント還元があります。

チャージ方法還元されるポイント
Vポイント付クレジットカードVポイント
au Pay、au PayカードPontaポイント
PayPay、PayPayカードPayPayポイント
d払い、dカードdポイント

例えばau Payから1,000円チャージした場合、au Payの還元として5ポイント、ウィンチケットの還元として5ポイント、合計10ポイント分のPontaポイントをもらえるというイメージです。

ポイント連携はマイページ上で簡単に手続きできます。なるべく初回チャージ前に、2種類のポイント連携を済ませておきましょう。

d払いチャージでdポイント最大4%還元(金・土曜日のみ)

「d曜日」はd払いでポイントレートが上昇

毎週金曜日と土曜日は、「d曜日」と称してd払いでポイントレートが上昇するキャンペーンがあります。ウィンチケットもd曜日の対象で、dポイントの還元レートが3%分アップするという内容です。

キャンペーンにエントリーし、金・土曜日にd払いでチャージすると、基本還元ポイント(※)に加えて、さらにチャージ金額の3%分のポイント(期間・用途限定)を進呈します。

毎週金・土はd曜日!d払いでのチャージで最大4%ポイント還元!【ウィンチケット競輪】

支払い方法がdカード以外ならポイント還元率は3.5%、dカードなら4%になります。プラスアルファでウィンチケット側でも通常通り0.5%のdポイント還元を受けられるので、非常にお得な内容です。

まずは毎月d払い側でのエントリーが必要となるので、忘れずに手続きしましょう。

毎月d払い側でのエントリーが必要

1か月間で最大10,000ポイント分のdポイントを獲得できます。

1か月間で最大10,000ポイント分のdポイントを獲得できる
引用元:毎週おトクなd曜日 毎週金土曜日はdポイントが最大4%|dポイントがたまる・つかえるd払い

PayPayクレジットでチャージすると最大2.5%還元

ウィンチケットにPayPayポイントを連携させた場合は、PayPayクレジット(旧:あと払い)でのチャージがおすすめです。PayPay側の規定により、PayPayクレジットでのポイント還元率は1%となります。

PayPayクレジットでのポイント還元率は1%
引用元:クレジット(旧あと払い)の登録・設定ガイド – キャッシュレス決済のPayPay

PayPay残高利用時のポイント還元は0.5%なので、PayPayクレジットを利用したほうが効率よくポイント稼ぎが可能です。PayPayクレジットには手数料もかかりません。

さらにPayPay側では、利用状況に応じてポイントレートが上乗せされます。

利用状況上乗せポイント
月間で30回PayPay決済&月間で100,000円以上PayPay決済0.5%
PayPayゴールドカードをPayPayクレジットと連携0.5%

さらにウィンチケットにPayPayポイントを連携させておけば、チャージする度0.5%分のポイント還元も受けられます。そのためトータルで最大2.5%分のポイント還元を受けられるのでお得です。

クレジットカードでチャージするとクレジットカード側のポイント還元あり

ウィンチケットのチャージにクレジットカードを利用する場合、クレジットカードポイントの還元を受けられます。ポイント還元の有無や内容は、クレジットカード会社の規定や利用状況などによりけりです。

例えば楽天カードの場合は、ウィンチケットに100円チャージする度に楽天ポイントが1ポイント還元されます。

100円チャージする度に楽天ポイントが1ポイント還元
引用元:楽天ポイント ザクザク貯まって使える|楽天カード

しかし特定の店舗以外での利用ではポイントが還元されないこともあるので、ウィンチケットのチャージ前に確認しておきましょう。

例えば筆者が利用しているライフカード発行のAOYAMAカードでウィンチケットにチャージしても、AOYAMAポイントの還元は受けられませんでした。

チャージを対象にしたキャンペーンが時々開催

ウィンチケットでは特定の方法でのチャージを対象にしたキャンペーンが開催されることもあります。以下2023年10月以降に開催されたチャージ対象のキャンペーンをまとめてみました。

キャンペーン名・詳細キャンペーン概要
【競輪祭特別版!!】1等最大100%チャージ還元5,000円以上チャージすると10,000名が当選するポイント抽選会に参加できる
Vポイントでチャージするとくじが引ける!お得なキャンペーン開催中Vポイントで500円分チャージする度、Vポイント抽選会に参加できる
ハズレなし!LINE Payでチャージすると最大10,000ptもらえる!LINE Payで2,000円以上チャージするとハズレなしのウィンチケットポイント抽選に参加できる
1等最大100%チャージ還元5,000円以上チャージすると10,000名が当選するポイント抽選会に参加できる
dポイント連携すると最大50,000ptもらえる!期間中にdポイントを連携すると抽選で最大50,000ポイントのdポイントが当たる
※dポイントやd払いからのチャージは不要
最大15,000PontaポイントもらえるPontaキャンペーン開催中Pontaポイント連携後、好きな方法で2,000円以上チャージするとハズレなしのPontaポイント抽選に参加できる
30万円分のVポイント山分け!Vポイントチャージキャンペーン開催Vポイントで100ポイントチャージすると、30万ポイントを山分けでもらえる

チャージ対象のキャンペーンは頻繁に開催されるので、キャンペーン情報をチェックしつつ、対象となる方法でチャージするのがおすすめです。

なお「1等最大100%チャージ還元」のキャンペーンは、毎月中旬から下旬にかけて3~4回開催されます。

「1等最大100%チャージ還元」のキャンペーン

1,000円分の無料ポイントがもらえる!
★登録後すぐ投票できます

毎回10,000人が当選する豪華なキャンペーンなので、積極的に参加するのがおすすめです。

払戻金チャージはしない

ウィンチケットはチャージ時にもらえるポイントが大きな魅力ですが、払戻金からのチャージの場合はポイント対象外です。

※なお、払戻金からのチャージは対象外です。

【dポイント・PayPayポイントも追加!】利用できる共通ポイントが増えました

払戻金からのチャージだと、チャージ対象のキャンペーンにも参加できません。そのため払戻金からのチャージはせず、一旦銀行口座に精算した後、銀行口座からウィンチケットにチャージする流れがおすすめです。

しかし払戻金チャージがおすすめでないのは、あくまでも共通ポイントを稼ぐ観点でのみです。ウィンチケット→銀行口座→ウィンチケットの流れで再チャージする場合、銀行口座に着金するまでには時間がかかる場合があります。

獲得した払戻金をすぐ次のレースに投票したいケースなどは、共通ポイント獲得を狙わずにそのまま払戻金からチャージしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です